2011年06月10日

クレープレーヤー歴代TOP10 ラファエル・ナダルよりも上位の選手とは?

 先日の全仏オープンでラファエル・ナダルが、ビヨン・ボルグと並び史上最多タイとなる6度目の優勝を果たしました。これまでのナダルのクレーコートにおける通算成績は227勝18敗で、勝率は92.7%に達します。“King of Clay”の異名にふさわしい活躍ぶりと言えます。

 しかし、果たしてラファエル・ナダルは史上最強のクレープレーヤーと言えるのでしょうか?このことに関して、海外サイトで「クレープレーヤー歴代TOP10」という記事が書かれているので、紹介します。

Rafael Nadal and the Top 10 Clay-Court Players of All Time (bleacher report)

1位 クリス・エバート
2位 ラファエル・ナダル
3位 ビヨン・ボルグ
4位 シュテフィ・グラフ
5位 イワン・レンドル
6位 スザンヌ・ランラン
7位 グスタボ・クエルテン
8位 ジュスティーヌ・エナン
9位 マッツ・ビランデル
10位 ギレルモ・ビラス

 1位に選ばれたクリス・エバートは1970年代から80年代にかけて活躍した女子選手。全仏オープンで7回優勝しており、ラファエル・ナダルを上回ります。また、彼女はクレーコートで125連勝を記録していますが、これもナダルを上回る数字です。1973年から1987年にかけて、全仏オープンでは必ず準決勝に進出しました。

 ラファエル・ナダルは2位にランクイン。これまでに全仏オープンに7回出場し、そのうち6回で優勝しています。また、ライバルのロジャー・フェデラーと全仏で5回対戦し、その全てで勝利しているのも特筆すべきことです。ナダルはこれまでに全仏で45勝1敗という戦績を残しています。また、2005年から2007年にかけて、クレーコートで81連勝を記録しました。

 3位はビヨン・ボルグ。ボルグは全仏オープンに8回出場して6回優勝しました。全仏通算で49勝2敗、クレー通算で245勝39敗という戦績を誇ります。26歳の若さで突然に現役引退してしまったことが悔やまれるところです。

posted by スポ館 at 23:25 | Comment(1) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
未だに女子と男子には埋めようが無い差が有り、男子の100位が女子の30位と言われる状態で、30年前の女子と今の男子で比較されても・・・・・
Posted by 灘 at 2011年06月12日 14:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/209039608
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。