2011年06月11日

ラファエル・ナダル「スペインに帰って、ゴルフや釣りでリラックスするよ」

 AGEON選手権でツォンガに敗れたラファエル・ナダルが、ウィンブルドン前に自宅に帰ってリラックスするという記事が海外サイトで書かれていたので、要約して紹介します。

Nadal to Relax at Home Before Wimbledon (10sballs.com)

 AGEON選手権の準々決勝でツォンガにまさかの敗戦を喫したナダルは、最近13週間で40試合もした。彼は自宅に帰って休養を取ることを計画している。

 「残念なことは負けたことだ。良かったことは何日か休みを取れることだ。この4ヶ月ずっとプレッシャーの中で戦ってきたから、精神的にリラックスする必要がある。」

 ナダルは最近7大会連続で決勝に進出していた。また、ノバク・ジョコビッチから世界ランキング1位を守るというストレスにさらされていた。

 「スペインに帰り、友達や家族と過ごすよ。今の自分には、テニス以外のことを考えてリラックスすることが重要なんだ。ゴルフしたり、釣りをしたりして過ごすつもりさ。」

 ただ、ナダルはこれまでの過密スケジュールを後悔はしていないと言う。

 「全仏オープンを含めてクレーシーズンは大変だった。アメリカンシーズンでも2回決勝に出た。ここ4,5ヶ月出られる試合には全部出てきた。この全てに満足しているよ。」

 ウィンブルドンまで2週間を切ったが、スペインに帰っての休息はナダルにとって良い処方薬となるかもしれない。ナダルは、ウィンブルドンにコンディションのピークを持ってきたいと話した。

 「スペインには芝コートがないけど、サーブの練習などで体を動かしておくよ。ウィンブルドンには高いモチベーションを保って、完璧なフィジカルコンディションで乗り込みたいね。」

posted by スポ館 at 21:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/209206323
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。