2011年06月13日

宇佐美貴史はフランク・リベリーやアリエン・ロッベンに似ている

 ギド・ブッフバルトは元ドイツ代表のDFで、2006年には監督として浦和レッズをJリーグ優勝に導いいた人物です。そのブッフバルトが宇佐美貴史についてコメントしているので、紹介します。

Takashi Usami is like Bayern Munich's Franck Ribery & Arjen Robben - Guido Buchwald (goal.com)

 元ドイツ代表のギド・ブッフバルトは、日本のワンダーボーイ宇佐美貴史について、バイエルン・ミュンヘンのフランク・リベリーやアリエン・ロッベンに似ていると語る。

 この19歳のプレイヤーは長らくブンデスリーガの巨人であるバイエルン・ミュンヘンへの移籍が噂されている。日本の浦和レッズで選手・監督として過ごしたことのあるブッフバルトは、才能溢れるアタッカーの宇佐美を、最大限に賞賛する。

 「宇佐美は日本で最も才能ある選手の一人だ。彼はアリエン・ロッベンやフランク・リベリーに似たタイプの選手だ。宇佐美がまだ彼らのレベルに達していないことは明らかだけどね。」

 「バイエルン・ミュンヘンが私に宇佐美のことを尋ねてきて、ポジティブな返答をしたことは確かだ。彼はとても大きな才能を持っている。宇佐美は速く、卓越したテクニックを持ち、両足でシュートを打てる。少しの運さえあれば、彼は第二の香川真司になれるかもしれない。」


 なお、もし宇佐美貴史がバイエルン・ミュンヘンに移籍した場合、左サイドのフランク・リベリーとポジション争いをする可能性が高いと思われます。いきなり世界レベルの選手が相手ですが、宇佐美はチャンスをつかんで、香川真司のように旋風を巻き起こせるのでしょうか。

posted by スポ館 at 21:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。