2011年06月25日

最も愛されているスポーツ選手TOP100 マイケル・ジョーダン、イチロー他

 アメリカのサイトで「スポーツ史上最も愛されているアスリートTOP100」という記事が書かれているので、主な選手を紹介します。なお、この記事はあくまでアメリカ人の視点によるものであるため、基本的にはアメリカ内の人気に基づくもので、ラグビーやクリケットの人気選手は載っていません。

The 100 Most Beloved Athletes in Sports History (bleacher report)

1位 ジャッキー・ロビンソン 野球
2位 マイケル・ジョーダン バスケットボール
3位 ベーブ・ルース 野球
4位 モハメド・アリ ボクシング
5位 ウィリー・メイズ 野球
6位 ミッキー・マントル 野球
7位 ペレ サッカー
8位 ランス・アームストロング 自転車
9位 ロベルト・クレメンテ 野球
10位 ジョー・ディマジオ 野球

66位 イチロー 野球


 1位に選ばれたのは、ジャッキー・ロビンソン。黒人初のメジャーリーガーとして知られます。激しい人種差別の中、首位打者、盗塁王、MVPを獲得するなど活躍。有色人種のメジャーリーグ参加への道を切り開きました。ジャッキー・ロビンソンの背番号42は、大リーグ全球団共通の永久欠番となっています。

 この他、TOP10には、バスケのマイケル・ジョーダン、ボクシングのモハメド・アリ、サッカーのペレなど錚々たるメンバーが顔をそろえています。

 日本人の中で唯一のランクインを果たしたのはイチロー。イチローについては以下のコメントがされています。

「イチローはアメリカで愛されているだけではなく、故郷の日本でも愛されている。イチローの代理人であるトニー・アタナシオは、イチローのステータスを説明するため、次のように説明した。

 アメリカから彼に手紙を出そうと思ったら、住所の代わりに「イチロー」とだけ書けばいいんだ。それでちゃんと届く。日本ではそれほどの大物なんだよ。

 このランキングはアメリカでの人気に関するものだが、野球界においてイチローほど広く尊敬されている選手を探すのは難しいだろう。」

 なお、イチローの下には、69位のケビン・ガーネット(バスケ)、71位のマリア・シャラポワ(テニス)、72位のロナウド(サッカー)、73位のフィル・ミケルソン(ゴルフ)、75位のウサイン・ボルト(陸上)といった選手たちが名を連ねています。米国においてもイチローが愛されていることがよく分かりますね。

posted by スポ館 at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | MLB/NPB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。