2011年07月03日

大リーグで記録ラッシュ イチロー400盗塁、マリアーノ・リベラ1000登板他

 5月末から6月にかけて、大リーグで様々な記録が達成されました。海外サイトで、その一覧がまとめられているので、紹介します。

Ichiro, Mariano and Vlad: Big Names Are Reaching Big Milestones in 2011 (bleacher report)

5月26日 
マリアーノ・リベラ 1000試合登板

5月30日
トリー・ハンター 1000打点

6月1日
フランシスコ・コルデロ 300セーブ

6月3日
ブラディミール・ゲレーロ 100死球

6月6日
ラウル・イバニエス 1000打点

6月7日
ポール・コネルコ 1000得点、ジョナサン・パペルボン 200セーブ

6月13日
オーランド・カブレラ 2000安打

6月15日
リバン・ヘルナンデス 50完投、イチロー 400盗塁


 多くの記録が達成されましたが、中でも眼を引くのが、マリアーノ・リベラの1000試合登板。現役選手の中では唯一の記録です。大リーグ史上でも15人目の快挙であり、稀少価値が高いと言えます。

 変わり種としては、ブラディミール・ゲレーロが100死球を達成。これは現役選手としては10人目。デレク・ジーターやアレックス・ロドリゲスといったスーパースターが達成している一方で、リード・ジョンソンやアーロン・ローランドというあまり有名ではない選手も名を連ねています。

 イチローが達成した400盗塁は、現役選手としては4人目。イチローの上にいるのは、フアン・ピエール、カール・クロフォード、オマー・ビスケルの3人だけです。

 ところで、松井秀喜も日米通算500本塁打にあと1本と迫っていますね。そろそろ松井にも大記録達成を成し遂げてもらいたいです。

posted by スポ館 at 19:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | MLB/NPB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/213081009
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。