2011年08月25日

【MLB】史上最強の主砲コンビ マリス&マントルの115本塁打、ゲーリッグ&ルースの347打点

 MLB.comが、歴代主砲コンビの本塁打数ランキング、打点数ランキングをまとめています。それぞれ以下の通りです。

Plenty of duos have look of M&M Boys (MLB.com)

本塁打数ランキング
1位 115本 1961年ヤンキース マリス61、マントル54
2位 110本 2001年ジャイアンツ ボンズ73、オーリリア37
3位 107本 1927年ヤンキース ルース60、ゲーリッグ47
4位 101本 1998年カージナルス マグワイア70、ランクフォード31
5位 100本 2002年レンジャーズ Aロッド57、パルメイロ43

打点数ランキング
1位 347点 1931年ヤンキース ゲーリッグ184、ルース163
2位 339点 1927年ヤンキース ゲーリッグ175、ルース164
3位 327点 1930年ヤンキース ゲーリッグ174、ルース153
4位 326点 1937年ヤンキース ディマジオ167、ゲーリッグ159
5位 325点 1930年カブス ウィルソン191、カイラー134


 本塁打数トップは、ロジャー・マリス&ミッキー・マントルのMM砲。ロジャー・マリスの61本塁打は、ベーブ・ルースの60本塁打を塗り替える、当時のシーズン最多本塁打記録でした。

 打点数ランキングは、ルー・ゲーリッグ&ベーブ・ルースが3位までを独占。特に1927年のヤンキース打線は、あまりの凶悪さから“殺人打線”と呼ばれました。

 なお、今シーズンは、ヤンキースのカーティス・グランダーソン&マーク・テシェイラが、69本塁打、193打点で両部門共にトップに立っています。

posted by スポ館 at 20:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | MLB/NPB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/222321343
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。