2011年08月30日

【MLB】史上最高のチームメイトTOP6 1位は人種差別を乗り越えたピー・ウィー・リース&ジャッキー・ロビンソン

 海外スポーツサイトbleacher reportが、「スポーツ史上最高のチームメイト」という記事を掲載しています。その中に含まれているメジャーリーガー6組のランキングは以下の通りです。

The 30 Best Teammates in Sports (bleacher report)

1位 ピー・ウィー・リース&ジャッキー・ロビンソン
2位 ミッキー・マントル&ロジャー・マリス
3位 トム・グラビン&グレッグ・マダックス&ジョン・スモルツ
4位 デイビッド・オーティズ&マニー・ラミレス
5位 ドン・ドライスデール&サンディー・コーファックス
6位 ルー・ゲーリッグ&ベーブ・ルース

 1位に選ばれたのは、ピー・ウィー・リースとジャッキー・ロビンソンのコンビ。ジャッキー・ロビンソンは黒人初のメジャーリーガー。1947年から1956年にかけてブルックリン・ドジャースで二塁手を務めました。MVPを1回、首位打者を1回、盗塁王を2回獲得した偉大な選手です。

 そして、このロビンソンをチームが受け入れる上で大きな役割を果たしたのが、当時のキャプテンであるピー・ウィー・リース。ロビンソンの入団直前、ドジャースの選手内からロビンソン入団拒否の嘆願書が出ていたのですが、リースは署名を拒否しました。入団後もロビンソンに対して常に友好的に接し、その成功を支えました。

 この2人は、非常に強固な二遊間コンビを形成。毎年90以上の併殺をとるなどして、ドジャースを何度も優勝に導きました。

posted by スポ館 at 13:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | MLB/NPB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/223222356
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。