2011年09月14日

【MLB】野茂英雄がメジャーリーグ史上最も過大評価されている投手TOP10に選出

 海外スポーツサイトbleacher reportが、「野球の歴史で最も過大評価されている投手」というランキングを発表しています。そのTOP10は以下の通りです。

40 Most Overrated Pitchers in Baseball History (bleacher report)

1位 ノーラン・ライアン
2位 ドン・ドライスデール
3位 サイ・ヤング
4位 フェルナンド・バレンズエラ
5位 ジャック・モリス
6位 ジェシー・ヘインズ
7位 ルーブ・マーカード
8位 ゲイロード・ペリー
9位 野茂英雄
10位 キャンディ・カミングス

 メジャーリーグ史上最も過大評価されている投手とされたのは、ノーラン・ライアン。MLB史上最多の5714奪三振を記録し、ノーヒットノーランを7回達成していますが、以下のコメントがされています。

「ノーラン・ライアンは一度もサイ・ヤング賞を受賞したことがなく、それには十分な理由がある。ノーラン・ライアンはキャリアを通じて制球に苦しみ、数多くの四球を出した。292敗も喫しており、生涯ERA+(※)は112に過ぎない。ノーラン・ライアンはMLB史上でTOP10に入るような投手ではない。」

※ERA+は、防御率を、球場の投手に対する有利度合いで補正した指標。100が平均で、それよりも高いほど良い投手、低いほど悪い投手とされます。参考までに、生涯ERA+史上1位はマリアーノ・リベラの205、2位はペドロ・マルティネスの154です。

 また、野茂英雄が9位に選出されています。そのコメントは以下の通りです。

「野茂英雄はメジャーデビューの年に、全米を熱狂の渦に巻き込んだ。新人王を獲得し、これから野茂英雄はスターになるのだろう、と思われた。

 しかし、野茂英雄はその成功を長年続けていくことができなかった。にもかかわらず、野茂英雄は高く評価されすぎている。最終的に野茂英雄の生涯ERA+は98にまで落ち込んだのだ。」

posted by スポ館 at 20:54 | Comment(1) | TrackBack(0) | MLB/NPB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
その通り。

あんな不安定な投手が殿堂入りとか騒ぐ連中どうにかなりません?

もう最近はあまりいないみたいですけど。

野茂はいい投手ではありません。いい時があった投手にすぎません。

そんなのは腐るほどいます。
正直ノーコンだし荒削りなのが魅力ではありましたがクオリティーで言えばダルビッシュ、岩隈、黒田以下です。
Posted by 山ちゃん at 2013年11月27日 03:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。