2011年09月15日

【MLB】若くしてMVPを受賞した選手TOP15 最年少は21/22歳のヴァイダ・ブルー

 海外スポーツサイトbleacher reportが、「メジャーリーグ史上最年少でMVPを受賞した選手TOP15」という記事を掲載しています。そのランキングは以下の通りです。

The 15 Youngest MVPs in Baseball History (bleacher report)

1位 ヴァイダ・ブルー 1971年 21/22歳
2位 ジョニー・ベンチ 1970年 22歳
3位 スタン・ミュージアル 1943年 22歳
4位 カル・リプケンJr. 1983年 22/23歳
5位 ハル・ニューハウザー 1944年 22/23歳
6位 ウィリー・メイズ 1954年 22/23歳
7位 ジェフ・バロウズ 1974年 23歳
8位 ハンク・アーロン 1957年 23歳
9位 フレッド・リン 1975年 23歳
10位 ロジャー・クレメンス 1986年 23/24歳
11位 ホセ・カンセコ 1988年 23/24歳
12位 ルー・ゲーリッグ 1927年 23/24歳
13位 ハル・ニューハウザー 1945年 23/24歳
14位 ドン・マッティングリー 1985年 24歳
15位 ポール・ウェイナー 1927年 24歳

 史上最年少でMVPに輝いたのは、ヴァイダ・ブルー。1949年7月28日生まれのヴァイダ・ブルーは、3年目の1971年に、アスレチックスで24勝8敗、防御率1.82、301奪三振、88与四球、24完投、8完封、WHIP0.952、WAR8.8という素晴らしい成績を残し、サイ・ヤング賞とMVPを同時受賞しました。

 この年はプレーオフでオリオールズに敗れたヴァイダ・ブルーでしたが、翌年から3年連続でアスレチックスを世界一に導いています。キャリア通算では209勝161敗、2175奪三振、防御率3.27、WHIP1.23という成績を残しました。

posted by スポ館 at 20:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | MLB/NPB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/226089236
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。