2011年09月21日

【MLB】最高の5ツールプレーヤー歴代TOP5 1位はウィリー・メイズ

 海外スポーツサイトbleacher reportが、「MLB史上最高の5ツールプレーヤーTOP5」という記事を掲載しています。そのランキングは以下の通りです。

Ranking the 5 Best 5-Tool Players in MLB History (bleacher report)

1位 中堅手 ウィリー・メイズ
2位 左翼手 バリー・ボンズ
3位 遊撃手/三塁手 アレックス・ロドリゲス
4位 右翼手 ハンク・アーロン
5位 中堅手 ケン・グリフィーJr.

 史上最高の5ツールプレーヤーに選ばれたのは、ウィリー・メイズ。以下のコメントがされています。

「ウィリー・メイズこそが最も偉大な5ツールプレーヤーだ。彼は、ベーブ・ルースやテッド・ウィリアムズと並んで、最も偉大な選手の一人でもある。

 ウィリー・メイズは史上有数の打者であり、打率、パワーの両方で優れていた。生涯通算で打率.302、660本塁打、3282安打を記録した。偉大な走者でもあり、338盗塁をマークした。さらに、類まれなる中堅手で、12回もゴールドグラブ賞を受賞した。その強肩から195もの捕殺を記録している。

 さらに、1954年のワールドシリーズ第1戦で、ウィリー・メイズはセンター後方への大飛球を、背走しながら肩越しにキャッチするというスーパープレーを披露したことがある。2-2の同点で迎えた、8回表ノーアウト一、二塁の重要な場面だった。

 このプレーで、ウィリー・メイズのジャイアンツは勢いに乗り、インディアンズを下して世界一に輝いた。“The Catch”として、今も語り継がれている。」

posted by スポ館 at 19:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | MLB/NPB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。