2011年10月22日

【サッカー】チャンピオンズリーグ史上最年少得点記録ランキングTOP10

 先月28日、アーセナルに所属する18歳のFWアレックス・チェンバレンがオリンピアコス戦でチャンピオンズリーグ初得点を挙げ、イングランド人としての最年少得点記録を更新しました。

 これに関連して、英国スポーツサイトtalkSPORTが、「チャンピオンズリーグ史上最年少の得点者TOP10」という記事を掲載しています。そのランキングは以下の通りです。

the ten youngest champions league goalscorers including fabregas, ramsey, santa cruz and more (talkSPORT)

1位 ピーター・オフォリ-クアイェ
17歳と195日
1997年 オリンピアコス所属
ローゼンボリBK戦

2位タイ セスク・ファブレガス
17歳と218日
2004年 アーセナル所属
ローゼンボリBK戦

2位タイ ボージャン・クルキッチ
17歳と218日
2008年 バルセロナ所属
シャルケ04戦

4位 マルティン・クレイン
17歳と241日
2002年 ACスパルタ・プラハ所属
パナシナイコスFC戦

5位 アーロン・ラムジー
17歳と301日
2008年 アーセナル所属
フェネルバフチェSK戦

6位 カリム・ベンゼマ
17歳と353日
2005年 リヨン所属
ローゼンボリBK戦

7位 アレックス・チェンバレン
18歳と44日
2011年 アーセナル所属
オリンピアコス戦

8位 マリアン・オグニャノフ
18歳と60日
2006年 レフスキ・ソフィア所属
チェルシー戦

9位 サミュエル・クフォー
18歳と61日
1994年 バイエルン・ミュンヘン所属
スパルタク・モスクワ戦

10位 アンドリー・シェフチェンコ
18歳と70日
1994年 ディナモ・キエフ所属
バイエルン・ミュンヘン戦


 史上最年少ゴールを決めたのは、元ガーナ代表のピーター・オフォリ-クアイェ。1999年ワールドユースナイジェリア大会で、小野伸二や本山雅志らと共にベストイレブンに選出されたこともあります。どちらかと言うと早熟の選手で、現在は地元ガーナのクラブでプレーしています。

posted by スポ館 at 21:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。