2011年11月18日

【サッカー】プレミアリーグ史上最高の外国人選手TOP10 1位エリック・カントナ

 英国サッカーサイトCaught Offsideが、「プレミアリーグ史上最高の外国人選手TOP10」という記事を掲載しています。そのランキングは以下の通りです。

Top 10 Best Ever Premier League Foreign Imports (Caught Offside)

1位 エリック・カントナ
1992 リーズ・ユナイテッド
1992-1997 マンチェスター・ユナイテッド

2位 デニス・ベルカンプ
1995-2007 アーセナル

3位 クリスティアーノ・ロナウド
2003-2009 マンチェスター・ユナイテッド

4位 ティエリ・アンリ
1999-2007 アーセナル

5位 ジャンフランコ・ゾラ
1996-2003 チェルシー

6位 パトリック・ヴィエラ
1996-2005 アーセナル
2010-2011 マンチェスター・シティ

7位 ルート・ファン・ニステルローイ
2001-2006 マンチェスター・ユナイテッド

8位 ピーター・シュマイケル
1991-1999 マンチェスター・ユナイテッド
2001-2002 アストン・ヴィラ
2002-2003 マンチェスター・シティ

9位 パオロ・ディ・カーニオ
1997-1999 シェフィールド・ウェンズデイ
1999-2003 ウエストハム・ユナイテッド
2003-2004 チャールトン

10位 ネマニャ・ヴィディッチ
2006-現在 マンチェスター・ユナイテッド


 プレミアリーグ史上最高の外国人選手に選ばれたのは、元フランス代表FWエリック・カントナ。1992年にリーズ・ユナイテッドに加入して35試合13得点と活躍。そして、1992年から1997年までマンチェスター・ユナイテッドに所属し、185試合で82得点。5シーズン中4シーズンでマンチェスター・ユナイテッドをプレミアリーグ優勝に導きました。

 なお、エリック・カントナはその個性の強さでも知られた選手。1994-95シーズンでは、クリスタル・パレスのファンに対してカンフー・キックを放ち、8ヶ月の出場停止処分を受けたこともありました。エリック・カントナがマンチェスター・ユナイテッドでプレミアリーグ優勝を逃したのは、このシーズンだけです。

 その一方で、練習への熱心さは有名で、サッカーに対しては真剣でした。マンチェスター・ユナイテッドのファンからは、キング・カントナとして愛されています。

posted by スポ館 at 22:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。