2011年11月27日

【MLB】西岡剛が「ア・リーグ最低選手賞候補5人」にノミネート

 今年のア・リーグのMost Valuable Player(MVP;最優秀選手)には、タイガースのジャスティン・バーランダーが選ばれました。そんな中、米国スポーツサイトCBS SPORTSが、「ア・リーグのLeast Valuable Player(LVP;最低選手)」を選考しています。ノミネートされたのは、以下の5人です。

Choosing the AL Least Valuable Player (CBS SPORTS)

アダム・ダン ホワイトソックス
打率.159、出塁率.292、長打率.277、11本塁打、42打点

ショーン・フィギンズ マリナーズ
打率.188、出塁率.241、長打率.243、1本塁打、15打点

ジェフ・マシス エンジェルス
打率.174、出塁率.225、長打率.259、3本塁打、22打点

ブライアン・マティス オリオールズ
1勝9敗、防御率10.69、奪三振38、WHIP2.11

西岡剛 ツインズ
打率.226、出塁率.278、長打率.249、0本塁打、19打点


 このうち、西岡剛については以下のコメントがされています。

「3年925万ドルの契約を結んでいる西岡剛だが、スタメンは保証されていない。ツインズはすでにレギュラーの遊撃手としてジェイミー・キャロルと契約したし、二塁手にはアレクシー・カシーヤを起用するだろう。これは西岡剛の2011年が酷すぎたためだ。

 西岡剛は開幕直後に足を骨折して、68試合にしか出場できかなった。そして、西岡剛は試合に出ると、ツインズを助けるのではなく、足を引っ張った。守備指標は平均を大きく下回っている。打撃は打率.226、出塁率.278、長打率.249ととても悪い。さらに、盗塁を6回試みて、2回しか成功していないのである。」


 なお、この5人の中からア・リーグ最低選手賞に選出されたのは、アダム・ダン。4年5600万ドルという高額契約を結んでいることが決め手となりました。また、ナ・リーグ最低選手賞には、2年2200万ドルの契約を結びながら、打率.246、出塁率.306、長打率.370に終わった、ジャイアンツのオーブリー・ハフが選ばれています。

posted by スポ館 at 17:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | MLB/NPB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/237333125
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック