2011年11月28日

【MLB】イチローの10年連続200本安打が「更新困難な個人連続記録TOP26」に選出

 海外スポーツサイトbleacher reportが、「最も破るのが難しい、個人が持つ連続記録ランキング」という記事を掲載しています。そのランキングは以下の通りです。

Ranking the Most Unbreakable MLB Player Streaks and All-Time Consecutive Records (bleacher report)

1位 56試合連続安打
ジョー・ディマジオ

2位 84試合連続出塁
テッド・ウィリアムズ

3位 59イニング連続無失点
オーレル・ハーシュハイザー

4位 23シーズン連続打率3割
タイ・カッブ

5位 12シーズン連続20勝
クリスティ・マシューソン

6位 7シーズン連続40本塁打
ベーブ・ルース

7位 17打席連続出塁
アール・アベリル、ピギー・ウォード

8位 2379守備機会連続無失策
ケーシー・コッチマン

9位 12打数連続安打
ジョニー・クリング、ウォルト・ドロッポ

10位 3シーズン連続100盗塁、50回連続盗塁成功
ビンス・コールマン

11位 115試合連続無三振
ジョー・シーウェル

12位 39試合連続完投、202試合連続無救援
ジャック・テイラー

13位 25.1イニング連続無被安打
サイ・ヤング

14位 17試合連続打点
レイ・グライムス

15位 10シーズン連続200安打
イチロー鈴木

16位 12シーズン連続50盗塁
ルー・ブロック

17位 24試合試合勝利投手
カール・ハッベル

18位 9シーズン連続30セーブ
マリアーノ・リベラ

19位 84試合連続セーブ成功
エリック・ガニエ

20位 45者連続アウト
マーク・バーリー

21位 5シーズン連続300奪三振
ランディ・ジョンソン

22位 24試合連続得点
ビリー・ハミルトン

23位 2632試合連続出場、8243イニング連続出場
カル・リプケンJr.

24位 12シーズン連続30本塁打
バリー・ボンズ、アレックス・ロドリゲス

25位 8試合連続本塁打
ケン・グリフィーJr.、ドン・マッティングリー、デイル・ロング

26位 3打数連続代打本塁打
リー・レイシー、デル・アンサー


 1位に選ばれたのは、ジョー・ディマジオが1941年に達成した56試合連続安打。期間中の成績は、打率.408、15本塁打、55打点と素晴らしいものでした。この記録は全米で賞賛され、アーネスト・ヘミングウェイの『老人と海』など、多くの小説、楽曲、映画の中で描写されています。

 イチローの10シーズン連続200安打は15位に選出。マリナーズに加入した2001年から2010年まで続けましたが、2011年は184安打で記録が途絶えました。なお、この10年間は毎年オールスターに選ばれ、ゴールドグラブ賞も受賞していました。

posted by スポ館 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | MLB/NPB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/237561278
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。