2012年01月19日

【サッカー】2011年のJ1における出場時間が長かった新人選手ランキング

 昨年プロ入りした選手のうち、2011年のJ1リーグ戦で出場を果たした選手を、その出場時間の長さでランキングにしてみました。
関連記事:2011年のJ1色々ランキング

1位 MF小林裕紀 2937分
明治大→ジュビロ磐田

2位 MF山田大記 2345分 5得点
明治大→ジュビロ磐田

3位 FW小野裕二 1828分 4得点
横浜FMユース→横浜F・マリノス
小野裕二(横浜・F・マリノス)

小野裕二(横浜・F・マリノス)
価格:500円(税込、送料別)


4位 FW金園英学 1571分 12得点
関西大→ジュビロ磐田

5位 DFキム・ミンジェ 1366分
韓国中央大→アビスパ福岡

6位 FW永井謙佑 1069分 3得点
福岡大→名古屋グランパス

7位 DF藤春廣輝 759分 1得点
大阪体育大→ガンバ大阪

8位 DF實藤友紀 659分
高知大→川崎フロンターレ 

9位 MF柴崎岳 612分
青森山田高→鹿島アントラーズ

10位 FW小川慶治朗 610分
神戸ユース→ヴィッセル神戸

11位 DF田中雄大 491分
関西大→川崎フロンターレ

12位 MF小島秀仁 422分
前橋育英高→浦和レッズ

13位 MF大島僚太 387分
静岡学園高→川崎フロンターレ

14位 FW川西翔太 199分 4得点
大阪体育大→ガンバ大阪

15位 MF森谷賢太郎 188分 1得点
筑波大→横浜F・マリノス

16位 DFキム・ジョンヤ 187分
駒澤大→ガンバ大阪

17位 DF林佳祐 121分 
同志社大→ヴィッセル神戸

18位 MF吉田眞紀人 119分
流通経済大柏高→名古屋グランパス

19位 MF村田和哉 91分 1得点
大阪体育大→セレッソ大阪

20位 FW酒井宣福 79分
帝京長岡高→アルビレックス新潟

21位 MF牛之濱拓 68分 2得点
福岡ユース→アビスパ福岡

22位 DF岡根直哉 61分
早稲田大→清水エスパルス

23位 FW武藤勇貴 38分 1得点
流通経済大→ベガルタ仙台

24位 MF田中輝希 21分
三菱養和ユース→名古屋グランパス

25位 DF岡本拓也 19分
浦和ユース→浦和レッズ

26位 DF福森晃斗 11分
桐光学園高→川崎フロンターレ

27位 FW棗佑喜 9分
駒澤大→川崎フロンターレ

28位 MF土居聖真 6分
鹿島ユース→鹿島アントラーズ

29位 DF増田繁人 2分
流通経済大附属柏高→アルビレックス新潟

30位 MF大森晃太郎 1分
G大阪ユース→ガンバ大阪


 ジュビロ磐田に加入した大卒トリオの小林裕紀、山田大記、金園英学が、それぞれ1位、2位、4位と上位を占めました。ユース出身者の中では、横浜F・マリノスの小野裕二がトップ。高校サッカー出身者としては、鹿島アントラーズの柴崎岳がトップでした。

posted by スポ館 at 19:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/247226471
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。