2012年01月22日

【MLB】松井秀喜が「契約先が決まっていない、大物ベテランFA選手9人」に選出

 米国スポーツサイトESPNが、「35歳以上で、まだ契約先が決まっていない大物FA選手9人」をまとめています。そのメンバーは以下の通りです。

Several veterans still looking for work (ESPN)

ジョニー・デーモン
生涯年俸総額:1億1000万ドル

ブラディミール・ゲレーロ
生涯年俸総額:1億2550万ドル

イヴァン・ロドリゲス
生涯年俸総額:1億2250万ドル

デレク・リー
生涯年俸総額:9140万ドル

ラウル・イバニェス
生涯年俸総額:5970万ドル

マニー・ラミレス
生涯年俸総額:2億680万ドル

マグリオ・オルドネス
生涯年俸総額:1億3340万ドル

松井秀喜
米国での生涯年俸総額:8320万ドル

オマー・ビスケル
生涯年俸総額:6240万ドル


 このうち、松井秀喜については、以下のコメントがされています。
【送料無料】壁を打ち破る100%思考法

【送料無料】壁を打ち破る100%思考法
価格:560円(税込、送料別)


 「昨オフは、アスレチックスが松井秀喜と1年425万ドルの契約を結んだが、彼はDHとして前任者のジャック・カストに匹敵するだけの成績を残すことが出来なかった。7月にはOPS 1.009とまさしくゴジラ級の活躍を見せたのだが、それ以外の月に関しては、いずれもOPSが.680以下に留まったのである。

 “松井秀喜のバットスピードが落ちているように思えた。”と、あるアメリカン・リーグのスカウトが語った。“松井秀喜が契約するとすれば、それはプレーオフ進出を目指す、ベテラン主体のチームだろう。契約まで1、2ヶ月待たなくてはならないかもしれない。”

 アスレチックスはクリス・カーター、マイケル・テイラーにチャンスを与えるつもりであるし、最近はコリン・カウギル、ジョシュ・レディック、セス・スミスを獲得した。そのため、松井秀喜が復帰することはないだろう。松井秀喜にはすでにヤンキース入りの憶測が持ち上がっている。しかし、ヤンキースは、ジョニー・デーモン、ブラディミール・ゲレーロ、ラウル・イバニェス、カルロス・ペーニャといった選手たちとの報道も出ている。“買い手市場”と言える状態かもしれない。」

posted by スポ館 at 19:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | MLB/NPB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。