2012年01月26日

【サッカー】勝ち点1あたりの年俸が安かったJ1監督ランキング

 昨シーズンのJ1各クラブの監督について、「年俸÷クラブの勝ち点」を求め、その金額が安い順にランキングしてみました。
※年俸は、『サッカーJリーグ年俸名鑑』のデータから求めました。
※シーズン途中に退任した監督については、交代するまでに獲得した1試合あたりの勝ち点に34をかけた数字を、「実質勝ち点」として考えました。
※シーズン途中から就任した監督は除きます。

1位 手倉森誠(ベガルタ仙台) 50万円
勝ち点:56、年俸:2800万円

2位 三浦俊也(ヴァンフォーレ甲府) 約52万円
実質勝ち点:28.9、年俸:1500万円

3位 木村和司(横浜F・マリノス) 約54万円
勝ち点:56、年俸:3000万円

4位 柳下正明(ジュビロ磐田) 約74万円
勝ち点:47、年俸:3500万円

5位 黒崎久志(アルビレックス新潟) 約77万円
勝ち点:39、年俸:3000万円

6位 ネルシーニョ(柏レイソル) 約97万円
勝ち点:72、年俸:7000万円

7位 和田昌裕(ヴィッセル神戸) 約109万円
勝ち点:46、年俸:5000万円

8位 ゴトビ(清水エスパルス) 約111万円
勝ち点:45、年俸:5000万円

9位 篠田善之(アビスパ福岡) 約112万円
実質勝ち点:14.3、年俸:1600万円

10位 相馬直樹(川崎フロンターレ) 約114万円
勝ち点:44、年俸:5000万円

11位 鈴木淳(大宮アルディージャ) 約143万円
勝ち点:42、年俸:6000万円

12位 ゼリコ・ペトロヴィッチ(浦和レッズ) 約147万円
実質勝ち点:34、年俸:5000万円

13位 ミハイロ・ペトロヴィッチ(サンフレッチェ広島) 160万円
勝ち点:50、年俸:8000万円

14位 レヴィー・クルピ(セレッソ大阪) 約163万円
勝ち点:43、年俸:7000万円

15位 西野朗(ガンバ大阪) 約179万円
勝ち点:70、年俸:1億2500万円

16位 ストイコビッチ(名古屋グランパス) 約183万円
勝ち点:71、年俸:1億3000万円

17位 小林伸二(モンテディオ山形) 約214万円
勝ち点:21、年俸:4500万円

18位 オリヴェイラ(鹿島アントラーズ) 300万円
勝ち点:50、年俸:1億5000万円


 最もコストパフォーマンスが良かった監督は、ベガルタ仙台の手倉森誠。年俸2800万円は下から3番目でしたが、勝ち点56を獲得し、クラブを4位にまで押し上げています。

 一方、コストパフォーマンスが最も悪かった監督は、鹿島アントラーズのオズワルド・オリヴェイラ。最高年俸の1億5000万円を受け取りましたが、勝ち点が50と伸び悩み、リーグ戦は6位に終わりました。

posted by スポ館 at 21:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/248673810
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。