2012年03月18日

【サッカー】岡崎慎司、チョン・テセが「世界で最も過小評価されている20人のストライカー」に選出

 海外スポーツサイトbleacher reportが、「世界のサッカー界で最も過小評価されている20人のストライカー」という記事を掲載しています。そのメンバーは以下の通りです。

World Football's 20 Most Underrated Strikers (bleacher report)

スティーヴン・フレッチャー
ウォルヴァーハンプトン・ワンダラーズ(イングランド)

岡崎慎司
シュトゥットガルト(ドイツ)

ケニー・ミラー
カーディフ・シティ(イングランド)

エマヌエル・マユカ
ヤングボーイズ(スイス)

ガリー・フーパー
セルティック(スコットランド)

アントニオ・ディ・ナターレ
ウディネーゼ(イタリア)

ハビエル・エルナンデス
マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)

ラシナ・トラオレ
クバン・クラスノダール(ロシア)

アレクサンドル・ケルジャコフ
ゼニト・サンクトペテルブルク(ロシア)

エドソン・バドル
ロサンゼルス・ギャラクシー(アメリカ)

サルバドール・カバニャス
ドセ・デ・オクトゥブレ(パラグアイ)

マイク・ハンケ
ボルシア・メンヒェングラートバッハ(ドイツ)

鄭大世(チョン・テセ)
ケルン(ドイツ)

オリヴィエ・ジルー
モンペリエ(フランス)

ミルコ・ヴチニッチ
ユベントス(イタリア)

ダニエル・ゴンサレス・グイサ
ヘタフェ(スペイン)

ギョーム・オアロ
パリ・サンジェルマン(フランス)

エレン・デルディヨク
バイエル・レバークーゼン(ドイツ)

フェルナンド・ジョレンテ・トーレス
アスレティック・ビルバオ(スペイン)

ミロスラフ・クローゼ
ラツィオ(イタリア)


 日本人選手としては、岡崎慎司が選出されました。以下のコメントがされています。

 「無名の存在であった、日本のスターフォワードである岡崎慎司は、シュトゥットガルトのブルーノ・ラッバディア監督によって獲得されて以来、熱心に仕事をしている。

 元王者のシュトゥットガルトにおいて、岡崎慎司は今シーズン、20試合に出場して7得点を記録している。先月にはこのワンダーゴールを披露したばかりだ。

 だが、正直に言って、この才能ある早熟なフォワードを賞賛するような論評を、あなたは聞いたことがあるだろうか?きっと無いだろう。」


 また、元川崎フロンターレのチョン・テセも選出されています。コメントは以下の通りです。

 「この北朝鮮のストライカーはおそらく、その得点能力よりも、2010年ワールドカップで国歌斉唱時に涙を流したことの方で有名だ。

 だが、27歳のチョン・テセはよく知られていないものの、北朝鮮最高の輸出品であろう。

 チョン・テセはボーフムで堅実な成績を残して、ブンデスリーガのケルンへの移籍を勝ち取った。だが、ドイツや代表でのプレーを踏まえれば、彼はより高いステージにいるべきである。」

posted by スポ館 at 21:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。