2012年05月06日

【サッカー】ブンデスリーガのゴール&アシスト数ランキングTOP20 香川真司他

 ブンデスリーガは2011/12シーズンを終了しました。今回の記事では、ブンデスリーガ公式サイトのデータに基づき、今シーズンのゴール数とアシスト数を合計したポイントが多い選手TOP20をまとめてみました。それでは、ランキングは以下の通りです。

Goals & Assists (Bundesliga.de)

1位 クラース・ヤン・フンテラール 35ポイント
シャルケ04、29ゴール、6アシスト

2位タイ ロベルト・レヴァンドフスキ 28ポイント
ボルシア・ドルトムント、22ゴール、6アシスト

2位タイ マリオ・ゴメス 28ポイント
バイエルン・ミュンヘン、26ゴール、2アシスト

4位タイ クラウディオ・ピサーロ 26ポイント
ヴェルダー・ブレーメン、18ゴール、8アシスト

4位タイ マルコ・ロイス 26ポイント
ボルシアMG、18ゴール、8アシスト

6位 ルーカス・ポドルスキ 25ポイント
ケルン、18ゴール、7アシスト

7位 フランク・リベリ 24ポイント
バイエルン・ミュンヘン、12ゴール、12アシスト

8位タイ 香川真司 22ポイント
ボルシア・ドルトムント、13ゴール、9アシスト

8位タイ マーティン・ハルニック 22ポイント
シュトゥットガルト、17ゴール、5アシスト

10位タイ マリオ・マンジュキッチ 20ポイント
ヴォルフスブルク、12ゴール、8アシスト

10位タイ ラウール 20ポイント
シャルケ04、15ゴール、5アシスト

10位タイ シュテファン・キースリンク 20ポイント
バイエル・レバークーゼン、16ポイント、4アシスト

13位 ヴェダド・イビシェヴィッチ 19ポイント
シュトゥットガルト、13ゴール、6アシスト

14位タイ フアン・アランゴ 17ポイント
ボルシアMG、6ゴール、11アシスト

14位タイ アリエン・ロッベン 17ポイント
バイエルン・ミュンヘン、12ゴール、5アシスト

16位タイ トーマス・ミュラー 15ポイント
バイエルン・ミュンヘン、7ゴール、8アシスト

16位タイ マルクス・ローセンベリ 15ポイント
ヴェルダー・ブレーメン、10ゴール、5アシスト

18位タイ ヤクプ・ブワシュチコフスキ 14ポイント
ボルシア・ドルトムント、6ゴール、8アシスト

18位タイ ラファエル 14ポイント
ヘルタ・ベルリン、6ゴール、8アシスト

18位タイ ケヴィン・グロスクロイツ 14ポイント
ボルシア・ドルトムント、7ゴール、7アシスト

18位タイ パトリック・ヘルメス 14ポイント
ヴォルフスブルク、12ゴール、2アシスト


 日本人選手としては、香川真司が22ポイントで8位タイにランクインしました。13ゴールはゴールランキングで10位タイ、9アシストはアシストランキングで3位タイです。ちなみに、ゴールランキングとアシストランキングの両部門でTOP10に入ったのは、クラウディオ・ピサーロ、マルコ・ロイス、そして香川真司の3人だけでした。

posted by スポ館 at 21:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。