2012年06月08日

【MLB】メジャーリーガー227人が選ぶ「最も過大評価されている投手ランキングTOP16」

 米国スポーツサイトSI.comが、現役のメジャーリーガー227人に「球界で最も過大評価されている投手は誰ですか?」というアンケートを行いました。そのランキング結果は以下の通りです。
関連記事:「イチローら、過大評価されている野手ランキング
関連記事:「最も過小評価されている投手ランキング

Players Poll: Most Overrated Pitcher (SI.com)

1位 C.J.ウィルソン
ロサンゼルス・エンゼルス

2位 A.J.バーネット
ピッツバーグ・パイレーツ

3位 ジョシュ・ベケット
ボストン・レッドソックス

4位 ジョン・ラッキー
ボストン・レッドソックス

5位 ジョナサン・パペルボン
フィラデルフィア・フィリーズ

6位 ティム・リンスカム
サンフランシスコ・ジャイアンツ

7位 バリー・ジト
サンフランシスコ・ジャイアンツ

8位 ウバルド・ヒメネス
クリーブランド・インディアンス

9位 スティーブン・ストラスバーグ
ワシントン・ナショナルズ

10位 ジョバ・チェンバレン
ニューヨーク・ヤンキース

11位 クリフ・リー
フィラデルフィア・フィリーズ

12位 カルロス・ザンブラーノ
マイアミ・マーリンズ

13位 ロイ・ハラデー
フィラデルフィア・フィリーズ

14位 アロルディス・チャップマン
シンシナティ・レッズ

15位 コール・ハメルズ
フィラデルフィア・フィリーズ

16位 ザック・グレインキー
ミルウォーキー・ブルワーズ


 現役メジャーリーガー達が選んだ「最も過大評価されている投手」は、ロサンゼルス・エンゼルスの31歳左腕C.J.ウィルソンでした。昨シーズンまではテキサス・レンジャーズのエースとして活躍していましたが、オフにFAとなり、5年7750万ドルという高額契約でライバル球団のエンゼルスに移籍しています。

 C.J.ウィルソンは元々は中継ぎ投手で、先発に転向したのは2010年のことです。そのため、先発投手としての実績はまだ2シーズン分しかないのに、今回エンゼルスが結んだ契約は巨額すぎるのではないか、と見られているのでしょう。

 この他、超有望若手投手スティーブン・ストラスバーグや、メジャーリーグを代表するエースであるロイ・ハラデーなどの名前も挙がっています。ある意味では、「他の選手たちから妬まれている投手ランキング」と言えるかもしれませんね。

 なお、上位5人の得票率は、C.J.ウィルソン 14%、A.J.バーネット 10%、ジョシュ・ベケット 5%、ジョン・ラッキー 5%、ジョナサン・パペルボン 4%。この5人の平均年俸は1370万ドルです。

 また、Facebook上でファンに同様のアンケートを行ったところ、1位はジョシュ・ベケットで、得票率は48%でした。

posted by スポ館 at 20:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | MLB/NPB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。