2012年06月20日

【MLB】メジャーリーガー306人が選ぶ「盗塁するのが最も難しい捕手ランキングTOP15」

 米国スポーツサイトSI.comが、現役のメジャーリーガー306人に「盗塁するのが最も難しい捕手は誰ですか?」というアンケートを行いました。そのランキング結果は以下の通りです。
関連記事:メジャーリーガーが選ぶ「過大評価されている投手ランキング」

Players Poll: Toughest Catcher To Run On (SI.com)

1位 ヤディアー・モリーナ
セントルイス・カージナルス

2位 ミゲル・オリーボ
シアトル・マリナーズ

3位 マット・ウィータース
ボルチモア・オリオールズ

4位 バスター・ポージー
サンフランシスコ・ジャイアンツ

5位 ジョー・マウアー
ミネソタ・ツインズ

6位 ドリュー・ブテラ
ミネソタ・ツインズ

7位 ラッセル・マーティン
ニューヨーク・ヤンキース

8位 ホセ・モリーナ
タンパベイ・レイズ

9位 ミゲル・モンテロ
アリゾナ・ダイヤモンドバックス

10位 アレックス・アビラ
デトロイト・タイガース

11位 カルロス・ルイス
フィラデルフィア・フィリーズ

12位 サルバドール・ペレス
カンザスシティ・ロイヤルズ

13位 カルロス・サンタナ
クリーブランド・インディアンス

14位 アンベルト・キンテーロ
カンザスシティ・ロイヤルズ

15位 ジェフ・マチス
トロント・ブルージェイズ


 メジャーリーグで最も盗塁がしにくい捕手に選ばれたのは、セントルイス・カージナルスの29歳、ヤディアー・モリーナでした。その強肩は有名で、キャリア通算の盗塁阻止率は44%。最近は4年連続でゴールドグラブ賞を受賞しています。

 なお、ヤディアー・モリーナは、“モリーナ3兄弟”の末っ子であることでも有名。兄二人も捕手で、長兄ベンジーはすでに引退していますがゴールドグラブ賞を2度受賞した実績があり、次兄ホセは今回のランキングで8位にランクインしています。

posted by スポ館 at 17:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | MLB/NPB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。