2012年07月22日

【MLB】松坂大輔が「各球団最大の給料泥棒」に選出

 海外スポーツサイトbleacher reportが、「2012年のMLB各球団において、年俸分の働きが最も出来ていない選手」という記事を掲載しています。そのメンバーは以下の通りです。

MLB Power Rankings: All 30 Teams' Worst 'Penny-for-Penny' Player in 2012 (bleacher report)

ボルチモア・オリオールズ
ブライアン・ロバーツ、二塁手、年俸1000万ドル

ボストン・レッドソックス
松坂大輔、先発投手、年俸1033万ドル

ニューヨーク・ヤンキース
アレックス・ロドリゲス、三塁手、年俸3000万ドル

タンパベイ・レイズ
ルーク・スコット、DH/左翼手、年俸500万ドル

トロント・ブルージェイズ
アダム・リンド、一塁手、年俸515万ドル

シカゴ・ホワイトソックス
ブレント・モレル、三塁手、年俸49万ドル

クリーブランド・インディアンス
ケーシー・コッチマン、一塁手、年俸300万ドル

デトロイト・タイガース
デルモン・ヤング、左翼手、年俸672万ドル

カンザスシティ・ロイヤルズ
ジェフ・フランコーア、右翼手、年俸675万ドル

ミネソタ・ツインズ
ジャスティン・モルノー、一塁手/DH、年俸1500万ドル

ロサンゼルス・エンゼルス
バーノン・ウェルズ、右翼手、年俸2464万ドル

オークランド・アスレチックス
ブライアン・フエンテス、リリーフ投手、年俸500万ドル

シアトル・マリナーズ
ショーン・フィギンズ、ユーティリティ、年俸950万ドル

テキサス・レンジャーズ
マイケル・ヤング、ユーティリティ、年俸1600万ドル

アトランタ・ブレーブス
タイラー・パストーニッキー、遊撃手、年俸48万ドル

マイアミ・マーリンズ
クリス・コグラン、外野手、年俸50万ドル

ニューヨーク・メッツ
ジェイソン・ベイ、左翼手、年俸1812万ドル

フィラデルフィア・フィリーズ
ライアン・ホワード、一塁手、年俸1000万ドル

ワシントン・ナショナルズ
ジェイソン・ワース、右翼手、年俸1357万ドル

シカゴ・カブス
カルロス・マーモル、リリーフ投手、年俸700万ドル

シンシナティ・レッズ
スコット・ローレン、三塁手、年俸816万ドル

ヒューストン・アストロズ
カルロス・リー、一塁手、年俸1900万ドル

ミルウォーキー・ブルワーズ
リッキー・ウィークス、二塁手、年俸1100万ドル

ピッツバーグ・パイレーツ
クリント・バームス、遊撃手、年俸500万ドル

セントルイス・カージナルス
クリス・カーペンター、先発投手、年俸850万ドル

アリゾナ・ダイヤモンドバックス
スティーブン・ドリュー、遊撃手、年俸775万ドル

コロラド・ロッキーズ
ジェレミー・ガスリー、先発投手、年俸820万ドル

ロサンゼルス・ドジャース
ジェームズ・ロニー、一塁手、年俸637万ドル

サンディエゴ・パドレス
ジェイソン・バートレット、遊撃手、年俸450万ドル

サンフランシスコ・ジャイアンツ
バリー・ジト、先発投手、年俸1900万ドル


 日本人選手としては、ボストン・レッドソックスの松坂大輔の名前が挙がってしまいました。以下のコメントがされています。

 「レッドソックスはポスティング料金5100万ドルに加え、松坂大輔と6年5200万ドルで契約したが、大きく失望させられることになった。

 最初の2シーズンは33勝15敗、防御率3.72という成績だった。しかし、それ以降は昨シーズンにトミー・ジョン手術を受けるなど怪我に苦しみ、16勝18敗、防御率5.17である。

 6月9日に今シーズン初登板を飾ったが、それ以降5試合に先発して、0勝3敗、防御率6.65だ。レッドソックスにとって幸いなことは、松坂大輔との契約が今年で終わることである。」

posted by スポ館 at 20:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | MLB/NPB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。