2012年07月31日

【MLB】イチローら、守備防御点が高い野手ランキングTOP20

 アメリカでは守備指標の一つとして、守備防御点というものが重視されています。この指標は、各野手がその守備で相手の得点を何点防いだかを示すものです。0を平均値として、数字が大きいほど優秀で、マイナス方向に大きいほど守備が悪いということを示します。

 今回の記事では、今シーズンのMLB前半戦において、守備防御点が大きかった野手TOP20をまとめてみました。そのランキングは以下の通りです。
関連記事:「【MLB】イチローら、空振り率が低い打者ランキングTOP20
※データは全て、Fan Graphsを参照しています。

1位 ブレット・ローリー 32
トロント・ブルージェイズ、三塁手

2位 ダーウィン・バーニー 23
シカゴ・カブス、二塁手

3位 ブランダン・ライアン 22
シアトル・マリナーズ、遊撃手

4位 ユネル・エスコバー 18
トロント・ブルージェイズ、遊撃手

5位 スターリン・カストロ 15
シカゴ・カブス、遊撃手

6位 アレックス・ゴードン 14
カンザスシティ・ロイヤルズ、左翼手

7位 イチロー鈴木 14
シアトル・マリナーズ(ヤンキースへ移籍)、右翼手
イチロー直筆サイン入り11x14フォトプラーク"クローズアップ" (祝!イチロー9年連続200安打達成)

イチロー直筆サイン入り11x14フォトプラーク
価格:49,875円(税込、送料込)


8位 マイク・アビレス 13
ボストン・レッドソックス、遊撃手

9位 デナード・スパン 13
ミネソタ・ツインズ、中堅手

10位 J.J.ハーディ 13
ボルチモア・オリオールズ、遊撃手

11位 ケリー・ジョンソン 13
トロント・ブルージェイズ、二塁手

12位 エイドリアン・ゴンザレス 11
ボストン・レッドソックス、一塁手

13位 マイケル・ボーン 10
アトランタ・ブレーブス、中堅手

14位 ジョシュ・レディック 10
オークランド・アスレチックス、右翼手

15位 マイク・ムスターカス 9
カンザスシティ・ロイヤルズ、三塁手

16位 マーク・テシェイラ 9
ニューヨーク・ヤンキース、一塁手

17位 ジェイソン・キプニス 9
クリーブランド・インディアンス、二塁手

18位 アレックス・リオス 8
シカゴ・ホワイトソックス、右翼手

19位 アルバート・プホルス 8
ロサンゼルス・エンゼルス、一塁手

20位 ジェイソン・ヘイワード 7
アトランタ・ブレーブス、右翼手


 今シーズン前半戦のメジャーリーグで最高の守備の名手は、トロント・ブルージェイズ所属の22歳の三塁手、ブレット・ローリーで、守備防御点は32でした。

 日本人選手としては、イチローが守備防御点14で7位にランクイン。ヤンキースで守備位置が代わるとどうなるのか注目されますね。参考までに、川崎宗則は0、青木宣親は-2、松井秀喜は-3でした。

posted by スポ館 at 20:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | MLB/NPB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/284079606
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。