2012年09月24日

【サッカー】中田英寿が「大きな影響を残したアジア人選手5人」に選出

 海外スポーツサイトsports keedaが、「大きな影響を残したアジア人選手5人」をまとめた記事を掲載しています。そのメンバーは以下の通りです。

Jewels of the East ? 5 Influencial Asian Footballers (sports keeda)

車範根(チャ・ボムグン)
韓国人、元バイエル・レバークーゼン他

アリ・ダエイ
イラン人、元バイエルン・ミュンヘン他

中田英寿
日本人、元ASローマ他

ハカン・シュキュル
トルコ人、元インテル・ミラノ他

朴智星(パク・チソン)
韓国人、元マンチェスター・ユナイテッド他


 日本人選手としては、中田英寿の名前が挙がりました。以下のコメントがされています。

 「1995年、Jリーグのベルマーレ平塚で、18歳の中田英寿はプロ選手としてのキャリアをスタートした。1998年フランスワールドカップ後に、中田英寿はイタリア・セリエAのペルージャと400万ドルで契約し、イタリアのトップリーグでプレーする2人目の日本人選手となった。ちなみに、1人目は三浦知良で、4年前にジェノアに加入している。

 中田英寿はキャリアの大半をセリエAで過ごした。ローマ、パルマ、ボローニャ、フィオレンティーナを渡り歩いた。また、プレミアリーグのボルトン・ワンダラーズでも1年間レンタル移籍でプレーして、そこでキャリアを終えた。

 ファッションに執着していることから、中田英寿には、“アジアのデビッド・ベッカム”とのあだ名が付けられた。だからと言って、彼のサッカー選手としての素晴らしい能力が否定されるわけではない。中田英寿は安定して活躍した。偉大なるブラジル人であるペレも彼に注目して、存命中の最高のサッカー選手達を選んだ“FIFA 100”の中に中田英寿を選出した。また、彼はバロンドール賞にも3回ノミネートされている。

 香川真司はまだまだ大変だ。今のところ、日本史上最高の選手は間違いなく中田英寿であるのだから。」




posted by スポ館 at 21:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。