2012年10月16日

【サッカー】ユニフォームのサプライヤー契約額が大きいクラブランキングTOP10

 イギリスのスポーツサイトsporting intelligenceが、「ユニフォームの年間サプライヤー契約額が大きいクラブTOP10」を発表しています。そのランキングは以下の通りです。

Real Madrid and Barca earn most from kit deals, United and Liverpool closing in (sporting intelligence)

1位 レアル・マドリード 3800万ユーロ/年
契約先:アディダス、契約期間:2020年まで

2位 バルセロナ 3300万ユーロ/年
契約先:ナイキ、契約期間:2018年まで

3位 マンチェスター・ユナイテッド 3150万ユーロ/年
契約先:ナイキ、契約期間:2015年まで

4位 リバプール 3101万ユーロ/年
契約先:ウォーリア、契約期間:2015年まで

5位 チェルシー 2480万ユーロ/年
契約先:アディダス、契約期間:2018年まで

6位 バイエルン・ミュンヘン 2000万ユーロ/年
契約先:アディダス、契約期間:2020年まで

7位 インテル・ミラノ 1810万ユーロ/年
契約先:ナイキ、契約期間:2019年まで

8位 ACミラン 1490万ユーロ/年
契約先:アディダス、契約期間:2017年まで

9位 マンチェスター・シティ 1488万ユーロ/年
契約先:ナイキ、契約期間:2019年まで

10位 ユベントス 1310万ユーロ/年
契約先:ナイキ、契約期間:2016年まで

 最も収入が多いクラブは、2012年にアディダスとの契約を更新したレアル・マドリードでした。日本人所属クラブとしては、香川真司のマンチェスター・ユナイテッドが3位、長友佑都のインテル・ミラノが7位にランクインしています。

 また、スポーツブランド別の、サッカー関連の年間収入額ランキングは以下の通りです。

1位 アディダス 1600万ユーロ/年(シェア:38%)
2位 ナイキ 1500万ユーロ/年(シェア:36%)
3位 プーマ 340万ユーロ/年(シェア:8%)
4位 アンブロ 170万ユーロ/年(シェア:4%)
※上記4ブランド以外の合計額は590万ユーロ/年(シェア:14%)

 アディダスとナイキがサッカー界の2大ブランドとして、しのぎを削っているようですね。

posted by スポ館 at 21:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/297719506
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。