2012年10月19日

ブランド力があるスポーツイベントランキングTOP10

 米国経済誌フォーブスが、「スポーツ界で最もブランド価値が高いイベントTOP10」を発表しました。各イベントについて、開催期間中の1日あたりで得られる収入額が多い順にまとめたものです。それでは、そのランキングは以下の通りです。
関連記事:ブランド力があるスポーツ選手ランキングTOP10

Forbes Fab 40: The Most Valuable Brands In Sports (Forbes)

1位 スーパーボウル
ブランド価値:4億7000万ドル、アメフト(アメリカ)

2位 夏季オリンピック
ブランド価値:3億4800万ドル

3位 FIFAワールドカップ
ブランド価値:1億4700万ドル、サッカー

4位 MLBワールドシリーズ
ブランド価値:1億3000万ドル、野球(アメリカ)

5位 NCAA男子ファイナルフォー
ブランド価値:1億2700万ドル、バスケ(アメリカ)

6位 冬季オリンピック
ブランド価値:1億2300万ドル

7位 ケンタッキー・ダービー
ブランド価値:1億1600万ドル、競馬(アメリカ)

8位 UEFAチャンピオンズリーグ
ブランド価値:1億1300万ドル、サッカー(欧州)

9位 デイトナ500
ブランド価値:9500万ドル、カーレース(アメリカ)

10位 MLBオールスターウィーク
ブランド価値:7800万ドル、野球(アメリカ)


 最もブランド価値が高いスポーツイベントは、アメリカNFLのスーパーボウルでした。1億1000万人以上が視聴するとあって、テレビ中継にCMを1本流すだけで350万ドルもの料金がかかります。CM放送で得られた合計額は2億4500万ドルに達する、とのことです。

 なお、TOP10に入ったイベント中、4つは多数の国が参加するイベントであるのに対し、残り6つはアメリカ単独で開催するイベントです。アメリカのスポーツ市場がいかに大きいのかよく分かる結果ですね。

posted by スポ館 at 22:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/298151463
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック