2012年11月08日

【サッカー】移籍金の差額でクラブに多大な利益をもたらした歴代選手ランキングTOP20

 安い移籍金で獲得した選手を、後に高い移籍金で売却することが出来れば、その差額はクラブにとって貴重な利益となります。これに関して、ドイツ紙ビルトが、「移籍金の差額でクラブに多大な利益をもたらした歴代選手TOP20」をまとめています。そのランキングは以下の通りです。

Top 20: Diese Transfers warfen die grosten Gewinne ab (Bild)

1位 クリスティアーノ・ロナウド 利益額:7650万ユーロ
儲けたクラブ:マンチェスター・ユナイテッド
購入元:スポルティング・リスボン、1750万ユーロ
売却先:レアル・マドリード、9400万ユーロ

2位 ジネディーヌ・ジダン 利益額:7000万ユーロ
儲けたクラブ:ユベントス
購入元:ボルドー、350万ユーロ
売却先:レアル・マドリード、7350万ユーロ

3位 ルイス・フィーゴ 利益額:5750万ユーロ
儲けたクラブ:バルセロナ
購入元:スポルティング・リスボン、250万ユーロ
売却先:レアル・マドリード、6000万ユーロ

4位 カカ 利益額:5675万ユーロ
儲けたクラブ:ACミラン
購入元:サンパウロ、825万ユーロ
売却先:レアル・マドリード、6500万ユーロ

5位 エルナン・クレスポ 利益額:5100万ユーロ
儲けたクラブ:パルマ
購入元:リーベルプレート、400万ユーロ
売却先:ラツィオ、5100万ユーロ

6位 ズラタン・イブラヒモヴィッチ 利益額:4470万ユーロ
儲けたクラブ:インテル・ミラノ
購入元:ユベントス、2480万ユーロ
売却先:バルセロナ、6950万ユーロ

7位 ラダメル・ファルカオ 利益額:4157万ユーロ
儲けたクラブ:ポルト
購入元:リーベルプレート、543万ユーロ
売却先:アトレティコ・マドリード、4700万ユーロ

8位 パベル・ネドベド 利益額:3770万ユーロ
儲けたクラブ:ラツィオ
購入元:スパルタ・プラハ、350万ユーロ
売却先:ユベントス、4120万ユーロ

9位 ルイ・コスタ 利益額:3650万ユーロ
儲けたクラブ:フィオレンティーナ
購入元:ベンフィカ、550万ユーロ
売却先:ACミラン、4200万ユーロ

10位 ハルク 利益額:3600万ユーロ
儲けたクラブ:ポルト
購入元:東京ヴェルディ、1900万ユーロ
売却先:ゼニト・サンクトペテルブルク、5500万ユーロ

11位 ハビエル・パストーレ 利益額:3500万ユーロ
儲けたクラブ:パレルモ
購入元:ウラカン、700万ユーロ
売却先:パリ・サンジェルマン、4200万ユーロ

12位 ダニ・アウヴェス 利益額:3495万ユーロ
儲けたクラブ:セビージャ
購入元:バイーア、55万ユーロ
売却先:バルセロナ、3550万ユーロ

13位 ニコラ・アネルカ 利益額:3424万ユーロ
儲けたクラブ:アーセナル
購入元:パリ・サンジェルマン、76万ユーロ
売却先:レアル・マドリード、3500万ユーロ

14位 ハビ・マルティネス 利益額:3400万ユーロ
儲けたクラブ:アスレティック・ビルバオ
購入元:オサスナB、600万ユーロ
売却先:バイエルン・ミュンヘン、4000万ユーロ

15位 エディン・ジェコ 利益額:3300万ユーロ
儲けたクラブ:ヴォルフスブルク
購入元:テプリツェ、400万ユーロ
売却先:マンチェスター・シティ、3700万ユーロ

16位 マルク・オーフェルマルス 利益額:3250万ユーロ
儲けたクラブ:アーセナル
購入元:アヤックス、750万ユーロ
売却先:バルセロナ、4000万ユーロ

17位 チアゴ・シウバ 利益額:3200万ユーロ
儲けたクラブ:ACミラン
購入元:フルミネンセ、1000万ユーロ
売却先:パリ・サンジェルマン、4200万ユーロ

18位タイ アクセル・ヴィツェル 利益額:3100万ユーロ
儲けたクラブ:ベンフィカ
購入元:スタンダール・リエージュ、900万ユーロ
売却先:ゼニト・サンクトペテルブルク、4000万ユーロ

18位タイ ディディエ・ドログバ 利益額:3100万ユーロ
儲けたクラブ:オリンピック・マルセイユ
購入元:ギャンガン、600万ユーロ
売却先:チェルシー、3700万ユーロ

20位 セスク・ファブレガス 利益額:3080万ユーロ
儲けたクラブ:アーセナル
購入元:バルセロナ・フベニルA、320万ユーロ
売却先:バルセロナ、3400万ユーロ


 移籍で最も儲けたクラブは、クリスティアーノ・ロナウドを転売したマンチェスター・ユナイテッドでした。2003年に当時18歳のロナウドをリスボンから1750万ユーロで獲得した後、2009年にレアル・マドリードに9400万ユーロで売却して、7650万ユーロの利益を出しています。

 なお、上位4人の売却先は全員がレアル・マドリードです。ポルトガル・フランスなどのリーグで活躍中の若手選手を獲得してから、イングランドやイタリアで一流選手に成長させて、最後にレアル・マドリードに売却するという流れが、最も多額の利益を出しやすいパターンなのかもしれません。

posted by スポ館 at 21:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/300975887
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック