2012年12月10日

【サッカー】ウイイレ2013でオフェンス能力値が高い日本人選手ランキングTOP20

 11月29日、「ワールドサッカー ウイニングイレブン2013」(下画像参照)のダウンロードコンテンツ「ウイニングイレブン 2013『J.LEAGUEパック』」が発売開始されました。この拡張パックは、Jリーグの公式ライセンスを受けて、J1およびJ2に登録されている全40クラブ、1000人以上の所属選手を収録したものです。これを導入することで、Jリーグ所属選手を日本代表などのナショナルチームに召集できるようになります。

 さて、今回の記事では、ウイニングイレブン2013に登場する海外組&国内組の日本人選手のうち、オフェンス能力値が高い選手TOP20をまとめてみました。そのランキングは以下の通りです。(各選手の所属チームは全て、Jリーグパック発売時点のものです。)


1位 香川真司 83
マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)

2位タイ 佐藤寿人 77
サンフレッチェ広島

2位タイ 前田遼一 77
ジュビロ磐田

2位タイ 本田圭佑 77
CSKAモスクワ(ロシア)

5位タイ 岡崎慎司 76
シュトゥットガルト(ドイツ)

5位タイ 高原直泰 76
清水エスパルス

5位タイ 中村俊輔 76
横浜F・マリノス

8位タイ 遠藤保仁 75
ガンバ大阪

8位タイ 玉田圭司 75
名古屋グランパス

8位タイ 森本貴幸 75
カターニア(イタリア)

11位タイ 家長昭博 74
ガンバ大阪

11位タイ 清武弘嗣 74
ニュルンベルク(ドイツ)

11位タイ 黒部光昭 74
カターレ富山

11位タイ 高萩洋次郎 74
サンフレッチェ広島

11位タイ 中山雅史 74
コンサドーレ札幌

11位タイ 野沢拓也 74
ヴィッセル神戸

11位タイ ハーフナー・マイク 74
フィテッセ(オランダ)

11位タイ 藤本淳吾 74
名古屋グランパス

11位タイ 柳沢敦 74
ベガルタ仙台

11位タイ 李忠成 74
サウサンプトン(イングランド)


 オフェンス能力値が最も高く設定されているのは、マンチェスター・ユナイテッドに加入した香川真司で、ダントツの83でした。また、今季J1得点王の佐藤寿人、2009&2010年J1得点王の前田遼一、今季のロシアリーグで7得点を記録している本田圭佑の3人が、能力値77で2位に並んでいます。なお、今季J2でプレーした選手の中では、カターレ富山の黒部光昭が唯一ランクインしました。

posted by スポ館 at 20:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/306226241
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック