2012年12月13日

【サッカー】ウイイレ2013でディフェンス能力値が高い日本人選手ランキングTOP20

 11月29日、「ワールドサッカー ウイニングイレブン2013」(下画像参照)のダウンロードコンテンツ「ウイニングイレブン 2013『J.LEAGUEパック』」が発売開始されました。この拡張パックは、Jリーグの公式ライセンスを受けて、J1およびJ2に登録されている全40クラブ、1000人以上の所属選手を収録したものです。これを導入することで、Jリーグ所属選手を日本代表などのナショナルチームに召集できるようになります。

 さて、今回の記事では、ウイニングイレブン2013に登場する海外組&国内組の日本人選手のうち、ディフェンス能力値が高い選手TOP20をまとめてみました。そのランキングは以下の通りです。(各選手の所属チームは全て、Jリーグパック発売時点のものです。)


1位 楢崎正剛 80
名古屋グランパス

2位 菅野孝憲 79
柏レイソル

3位タイ 川口能活 78
ジュビロ磐田

3位タイ 川島永嗣 78
スタンダール・リエージュ(ベルギー)

3位タイ 曽ヶ端準 78
鹿島アントラーズ

6位タイ 飯倉大樹 77
横浜F・マリノス

6位タイ 今野泰幸 77
ガンバ大阪

6位タイ 中澤佑二 77
横浜F・マリノス

6位タイ 林卓人 77
ベガルタ仙台

10位タイ 加藤順大 76
浦和レッズ

10位タイ 北野貴之 76
大宮アルディージャ

10位タイ 西川周作 76
サンフレッチェ広島

10位タイ 東口順昭 76
アルビレックス新潟

15位タイ 岩政大樹 75
鹿島アントラーズ

15位タイ 権田修一 75
FC東京

15位タイ 田中マルクス闘莉王 75
名古屋グランパス

15位タイ 西部洋平 75
川崎フロンターレ

15位タイ 服部年宏 75
FC岐阜

15位タイ 林彰洋 75
清水エスパルス

15位タイ 増川隆洋 75
名古屋グランパス

15位タイ 山岸範宏 75
浦和レッズ

15位タイ 山口智 75
ジェフユナイテッド千葉


 能力値が最も高く設定されているのは、日本代表の守護神として長らく活躍した楢崎正剛で80でした。また、フィールドプレイヤーの中では、今野泰幸と中澤佑二が77でトップです。この他、海外組としては、スタンダール・リエージュの川島永嗣が78で3位タイにランクイン。また、J2選手としては、服部年宏と山口智が75で15位タイとなっています。

posted by スポ館 at 22:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。