2012年12月16日

【サッカー】清武弘嗣、乾貴士が「プレミアリーグのクラブが獲得すべき10人のブンデスリーガー」に選出

 英国サッカーサイトFootball Fan Castが、「プレミアリーグのクラブが獲得すべき10人のブンデスリーガー」という記事を掲載しています。そのメンバーは以下の通りです。(清武弘嗣と乾貴士へのコメントは最後に記載しました。)

The 10 Bundesliga players that Premier League clubs ‘need to snap up’(Football Fan Cast)

ケヴィン・グロスクロイツ
ボルシア・ドルトムント

シュテファン・キースリンク
バイエル・レバークーゼン

清武弘嗣
ニュルンベルク

ミラン・バデリ
ハンブルガーSV

ケヴィン・トラップ
アイントラハト・フランクフルト

乾貴士
アイントラハト・フランクフルト

ユリアン・ドラクスラー
シャルケ04

アンドレ・シュールレ
バイエル・レバークーゼン

モリッツ・ライトナー
ボルシア・ドルトムント

ラース・ウンナーシュタル
シャルケ04


 日本人選手としては、清武弘嗣と乾貴士の名前が挙がりました。まず、清武弘嗣については、以下のコメントがされています。

 「ニュルンベルクの清武弘嗣は、今シーズンのドイツにおける新発見だ。香川真司が開いた門をくぐって日本人選手たちが集まってきているが、ハイレベルなのは香川だけではないということを、清武弘嗣は証明している。

 この攻撃的ミッドフィルダーは、ストライカーのすぐ後ろに控えて、エクセレントなプレーを披露する。過去数年間の欧州サッカー界において、彼ほどすぐに最高のミッドフィルダーの一人になった選手はほとんどいない。

 清武弘嗣にはスピードがあるし、相手をあざむくのが上手い。つまりは、彼はサイドに置いておくのに理想的な存在だ、ということだ。今現在のブンデスリーガにおいて、清武弘嗣は最もエキサイティングな選手の一人である。」


 また、乾貴士へのコメントは以下の通りです。

 「清武弘嗣と同様に、乾貴士も今シーズンからブンデスリーガ1部に加わった選手で、フランクフルトと契約した。それ以降、清武と一緒にドイツのサッカー界を盛り上げている。

 乾貴士は、クリエイティブなミッドフィルダーとして、高いポジションでプレーし、試合に大きな影響を与えている。彼のドイツにおけるインパクトは大きく、多くの人が乾貴士の方が清武弘嗣よりも良い選手だ、と主張している。」

posted by スポ館 at 22:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。