2013年01月19日

【サッカー】リーガ・エスパニョーラ前半戦での平均採点が高かった選手ランキングTOP20 メッシ他

 14日、スペインのリーガ・エスパニョーラが、2012-13シーズンの前半戦を終了しました。

 さて、英国サッカーサイトWho Scored.comは、リーガ・エスパニョーラの全試合を対象に、パス成功率やタックル成功数などの様々なデータに基づいて、各選手を10点満点で採点しています。今回の記事では、リーガ・エスパニョーラ前半戦で11試合以上に出場した選手の中から、このサイトによる平均点が高かった選手TOP20をまとめてみました。そのランキングは以下の通りです。

LIGA BBVA Player Statistics (Who Scored.com)

1位 リオネル・メッシ 9.02点
バルセロナ

2位 クリスティアーノ・ロナウド 7.93点
レアル・マドリード

3位 パトリック・エバート 7.64点
レアル・バリャドリード

4位 セスク・ファブレガス 7.55点
バルセロナ

5位 アンドレス・イニエスタ 7.51点
バルセロナ

6位 アドリアーノ 7.41点
バルセロナ

7位 ペドロ・レオン 7.38点
ヘタフェ

8位 ラダメル・ファルカオ 7.38点
アトレティコ・マドリード

9位 シャビ・アロンソ 7.37点
レアル・マドリード

10位 セルヒオ・ラモス 7.36点
レアル・マドリード

11位 カルロス・ベラ 7.33点
レアル・ソシエダ

12位 ディエゴ・ゴディン 7.33点
アトレティコ・マドリード

13位 コケ 7.33点
アトレティコ・マドリード

14位 マルティン・デミチェリス 7.33点
マラガ

15位 ダミア 7.32点
オサスナ

16位 イアゴ・アスパス 7.31点
セルタ・デ・ビーゴ

17位 イグナシオ・カマーチョ 7.31点
マラガ

18位 シャビ 7.31点
バルセロナ

19位 エミリアーノ・アルメンテロス 7.28点
オサスナ

20位 マヌーショ 7.28点
レアル・バリャドリード


 リーガ・エスパニョーラ前半戦で最も活躍したのは、バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシでした。2位のクリスティアーノ・ロナウドでさえ7.93点止まりである中、一人だけ9.02点という異次元の数値をたたき出しています。

 メッシはまず、ゴール数が28でダントツのリーグトップ(2位はラダメル・ファルカオの18点)。アシスト数は8で3位につけています(1位はアンドレス・イニエスタの11点)。この他、目立つ所では、1試合あたりのドリブル成功数が3.6でトップでした(2位はヤシン・ブラヒミの2.6回)。

 そんなメッシですが、実はリーグ最下位の項目もあります。それは、1試合あたりの空中戦勝利数。19試合の出場で、空中戦は1勝10敗という成績に終わりました。身長169cmなので、さすがに空中戦では分が悪いようです。メッシの数少ない弱点の一つと言えそうですね。

posted by スポ館 at 21:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/314302966
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック