2013年01月23日

【サッカー】清武弘嗣が「世界で最もコスパが良かった昨夏の移籍ランキングTOP20」に選出

 海外スポーツサイトbleacher reportが、「最もコスト的に優れていた昨夏の移籍TOP20」という記事を掲載しています。そのランキングは以下の通りです。(清武弘嗣へのコメントは最後に記載しました。)

20 Most Economically Efficient Summer Transfer Window Signings (bleacher report)

1位 ダンテ 移籍金:470万ユーロ
センターバック、ボルシアMG→バイエルン・ミュンヘン

2位 ミチュ 移籍金:200万ユーロ
フォワード、ラーヨ・バジェカーノ→スウォンジー

3位 レネー・アードラー 移籍金:なし
ゴールキーパー、レバークーゼン→ハンブルガーSV

4位 チコ 移籍金:200万ユーロ
センターバック、ジェノア→スウォンジー

5位 バスティアン・オチプカ 移籍金:60万ユーロ
左サイドバック、レバークーゼン→フランクフルト

6位 アラン・トラオレ 移籍金:200万ユーロ
フォワード、オセール→ロリアン

7位 ダリオ・ツヴィタニッチ 移籍金:40万ユーロ
フォワード、アヤックス→ニース

8位 ユッシ・ヤースケライネン 移籍金:なし
ゴールキーパー、ボルトン→ウェスト・ハム

9位 パトリック・エベルト 移籍金:なし
右攻撃的ミッドフィルダー、ヘルタ・ベルリン→バジャドリード

10位 モハメド・ディアメ 移籍金:なし
ミッドフィルダー、ウィガン→ウェスト・ハム

11位 パパ・ディオプ 移籍金:20万ユーロ
守備的ミッドフィルダー、ラシン→レバンテ

12位 マックス・クルーゼ 移籍金:75万ユーロ
セントラルミッドフィールダー/フォワード、ザンクトパウリ→フライブルク

13位 清武弘嗣 移籍金:120万ユーロ
攻撃的ミッドフィルダー/右ウインガー、セレッソ大阪→ニュルンベルク

14位 アリツ・アドゥリス 移籍金:250万ユーロ
センターフォワード、ビルバオ→バレンシア

15位 アルナ・コネ 移籍金:270万ユーロ
センターフォワード、レバンテ→ウィガン

16位 ジェフ・キャメロン 移籍金:160万ユーロ
ユーティリティ、ヒューストン・ダイナモ→ストーク

17位 ミチェル 移籍金:なし
攻撃的ミッドフィルダー、バレンシア→レバンテ

18位 クラウディオ・ジャコブ 移籍金:なし
守備的ミッドフィルダー、ラシン→ウェスト・ブロム

19位 シシーニョ 移籍金:200万ユーロ
右サイドバック、パルメイラス→セビージャ

20位 ポール・ポグバ 移籍金:なし
セントラルミッドフィールダー、マンチェスター・ユナイテッド→ユベントス


 日本人選手としては、清武弘嗣が13位にランクインしました。以下のコメントがされています。

 「ニュルンベルクのミヒャエル・ビージンガー監督が、先日のハンブルガーSV戦で清武弘嗣を先発落ちさせたが、これは馬鹿げている。

 清武弘嗣は、1試合あたりのラストパス(味方のシュートに直接つながったパス)の本数が2.8本だが、彼以外のニュルンベルクの選手の中には、この数値が1.0を超えている者は一人もいない。また、1試合あたりのドリブル成功数が2.0回を超えているニュルンベルクの選手は、清武弘嗣を含めて2人だけである。

 ミヒャエル・ビージンガー監督は、一体何をしたいのであろうか?

 チームの最優秀選手をベンチに置いていてはいけない。しかも、対戦相手のハンブルガーSVは前節で0-3でバイエル・レバークーゼンに完敗したばかりと不調であり、勝てる試合だったのにもったいないことをした。」

posted by スポ館 at 22:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。