2013年01月25日

【サッカー】長友佑都が「レアル・マドリードが1月中に獲得するかもしれない選手3人」に選出

 海外スポーツサイトbleacher reportが、「レアル・マドリードのジョゼ・モウリーニョ監督が、1月中にまだ獲得を狙うかもしれない3選手」という記事を掲載しています。そのメンバーは以下の通りです。(長友佑都へのコメントは最後に記載しました。)

Real Madrid Transfers: 3 Players Jose Mourinho Can Still Target in January (bleacher report)

長友佑都
インテル・ミラノ、DF、日本代表

セルヒオ・アグエロ
マンチェスター・シティ、FW、アルゼンチン代表

イスコ
マラガ、FW、スペインU-23代表


 日本人選手としては、長友佑都の名前が挙がりました。以下のコメントがされています。

 「インテル・ミラノのサイドバックである長友佑都は、レアル・マドリードが左と右の両方のサイドバックの層を厚くする上で、良い選択肢と言えるだろう。

 ただし、Goal.comで報じられたように、長友佑都自身は、スペインの巨人であるレアル・マドリードからの興味について、謙虚なコメントを出している。

 長友佑都は、主に左サイドバックを務めているが、必要ならば右サイドバックとしてもプレーが可能だ。

 現在のレアル・マドリードには、サイドバックのアルバロ・アルベロアの代役が、本職ではないマイケル・エッシェンとセルヒオ・ラモスしかいない。長友佑都は、この層の薄さという問題を解決してくれるはずだ。」

posted by スポ館 at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。