2013年03月10日

【MLB】黒田博樹が「35歳以上のベテラン選手の実力ランキングTOP10」に選出

 海外スポーツサイトbleacher reportが、「35歳以上で最高の選手TOP10」という記事を掲載しています。そのランキングは以下の通りです。(黒田博樹へのコメントは最後に記載しました。)

Major League Baseball: The 10 Best Players over the Age of 35 This Season (bleacher report)

1位 R.A.ディッキー
38歳、トロント・ブルージェイズ所属、先発投手

2位 ティム・ハドソン
37歳、アトランタ・ブレーブス所属、先発投手

3位 トリー・ハンター
37歳、デトロイト・タイガース所属、外野手

4位 デレク・ジーター
38歳、ニューヨーク・ヤンキース所属、遊撃手

5位 アルフォンソ・ソリアーノ
37歳、シカゴ・カブス所属、外野手

6位 ポール・コネルコ
36歳、シカゴ・ホワイトソックス所属、一塁手

7位 ジョー・ネイサン
38歳、テキサス・レンジャーズ所属、抑え投手

8位 黒田博樹
38歳、ニューヨーク・ヤンキース所属、先発投手
【送料無料】決めて断つ

【送料無料】決めて断つ
価格:1,470円(税込、送料別)


9位 デビッド・オーティズ
37歳、ボストン・レッドソックス所属、指名打者

10位 ラファエル・ベタンコート
37歳、コロラド・ロッキーズ所属、抑え投手


 1位は、昨季のナ・リーグ サイ・ヤング賞(最優秀)投手であるナックルボーラーのR.A.ディッキーでした。

 そして、日本人選手としては、38歳の黒田博樹が8位にランクインしました。以下のコメントがされています。

 「ニューヨーク・ヤンキースに所属する黒田博樹は、過去5シーズンを通じて、自分が球界で最も安定している先発投手の一人だということを証明してきた。

 2008年、黒田博樹は33歳にして日本からメジャーリーグへとやって来た。それ以来、彼は5年連続で防御率4点未満を達成し、いつも多くのイニングを投げている。

 昨シーズン、黒田博樹は自己最多となる219.2イニングに登板して、16勝11敗、防御率3.32、167奪三振を記録した。勝利数と防御率の両方で、チームトップの成績だった。

 メジャーリーグ入りしてから、黒田博樹は年齢とともに成長し続けている。2012年は、彼の最高成績だったのである。実力者あふれるア・リーグ東地区において、ヤンキースがプレーオフ進出を果たせるかどうかは、この38歳の働きによるところが大きいだろう。」

posted by スポ館 at 19:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | MLB/NPB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/343777260
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。