2013年03月10日

【サッカー】香川真司が「23歳以下のプレミアリーガーランキングTOP23」に選出

 海外スポーツサイトbleacher reportが、「23歳以下のプレミアリーガーTOP23」という記事を掲載しています。そのランキングは以下の通りです。(香川真司へのコメントは最後に記載しました。)

Premier League's Top 23 Footballers Under 23 Right Now (bleacher report)

1位 ジャック・ウィルシャー
アーセナル所属、21歳

2位 ガレス・ベイル
トッテナム・ホットスパー所属、23歳

3位 モルガン・シュネイデルラン
サウサンプトン所属、23歳

4位 ラファエウ
マンチェスター・ユナイテッド所属、22歳

5位 マティヤ・ナスタシッチ
マンチェスター・シティ所属、19歳

6位 セオ・ウォルコット
アーセナル所属、23歳

7位 ダビド・デ・ヘア
マンチェスター・ユナイテッド所属、22歳

8位 ロメル・ルカク
ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン所属(チェルシーからのレンタル)、19歳

9位 サンドロ
トッテナム・ホットスパー所属、23歳

10位 クリスティアン・ベンテケ
アストン・ヴィラ所属、22歳

11位 ジェームス・マッカーシー
ウィガン・アスレティック所属、22歳

12位 エデン・アザール
チェルシー所属、22歳

13位 キーラン・ギブス
アーセナル所属、23歳

14位 オスカル
チェルシー所属、21歳

15位 アデル・ターラブト
クイーンズ・パーク・レンジャーズ所属、23歳

16位 ムサ・シソコ
ニューカッスル・ユナイテッド、23歳

17位 香川真司
マンチェスター・ユナイテッド所属、23歳

18位 ダニエル・スタリッジ
リバプール所属、23歳

19位 トム・クレヴァリー
マンチェスター・ユナイテッド所属、23歳

20位 カール・ジェンキンソン
アーセナル所属、21歳

21位 ナサニエル・クライン
サウサンプトン所属、21歳

22位 奇誠庸(キ・ソンヨン)
スウォンジー・シティ所属、23歳

23位 フィル・ジョーンズ
マンチェスター・ユナイテッド所属、21歳


 日本人選手としては、香川真司が17位にランクインしました。以下のコメントがされています。

 「香川真司のプレミアリーグでの得点数は、これまでの11試合で2ゴールだったが、先日の1試合だけでその数字を超えてしまった。

 ノリッジ・シティ相手にハットトリックを達成したのは、非常に素晴らしかった。だが、マンチェスター・ユナイテッドの戦術に問題が発生していることを忘れてはならない。

 香川真司は、左の攻撃的ミッドフィルダーとして先発していたはずなのだが、いつの間にかトップ下の位置でプレーしていたのである。(参考図はこちら

 香川真司は本来のウインガーではないし、ロビン・ファン・ペルシとウェイン・ルーニーの2人はセンターフォワードとトップ下の役割を兼ねる“9.5番”タイプの選手だ。これでは、4-2-3-1のフォーメーションは上手くいかない。相手チームの右サイドに強力なミッドフィルダーとサイドバックがいたら、空いたスペースを突かれてやられてしまう。

 よって、4-3-2-1のフォーメーションに変更して、1トップにロビン・ファン・ペルシ、その後ろの2人に香川真司とウェイン・ルーニーを起用するべきだ。

 マンチェスター・ユナイテッドの攻撃は、いつも中央に集中していて、サイドの選手は大してサポートしていない。それならば、左サイド全体をガラ空きにしている現状よりも、中央に選手を1人追加して守備ラインを厚くするほうが良いのである。」


 なお、惜しくもランキングから外れた選手として、宮市亮が紹介されています。宮市亮へのコメントは以下の通りです。

 「宮市亮が怪我から復帰するたびに新たな怪我を繰り返しているのを見るのは、とても悲しい。せっかくのポテンシャルが損なわれてしまう。

 例えば、森本貴幸だってポテンシャルはあったはずなのだが、怪我が続いたせいで活躍できなかった。今の彼は、アラブ首長国連邦でプレーしているのだ。」

posted by スポ館 at 19:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。